自分は何のために働いているのだろうか?


Date : 2015/01/07|Update :
Category : 仕事術
Tag :
スポンサーリンク

人のために動けば、働くことにつながる

働くというと「会社に勤める」ということを真っ先に考えてしまいますが、それだけが働くということではないと思うのです。

働くとは「人+動く」つまり、人のために動くことを意味します。人のために動けば、働くことにつながるのです。

お金だけを働くモチベーションにしない

「会社に勤めて、お金がもらえないと、働く意味がないんじゃないか?」

私たちは生活をするために働いて、その対価としてお金をもらいます。それを否定するつもりは全くありません。私も生活するために、会社に勤めて働いています。

でも、お金だけを働くモチベーションにしてしまうと、給料やボーナスが下がってしまった時、一気にモチベーションが下がります。

モチベーションが下がると、仕事のパフォーマンスも下がり、成果も下がります。悪循環に陥ってしまうのです。そして、働く意味すら、見い出せなくなってしまうこともあるのです。

迷ったら原点を見つめ直す

そうならないためにも、「私は人のために動いて、人に喜ばれることをしているだろうか?」ということを常に意識しておくことが必要だと思います。

「自分は何のために働いているのだろう?」と迷いが生じた時、この基本に立ち返れば、何か見えてくることがあるような気がするんです。

スポンサーリンク

関連記事


同じカテゴリーの記事一覧