幸せになるために何を最初にするべきか?[働く幸せ:大山泰弘]


Date : 2015/01/15|Update :
Category : 読書
Tag :
スポンサーリンク

導師は人間の究極の幸せは、

人に愛させること、

人にほめられること、

人の役に立つこと、

人から必要とされること、

の4つと言われました。

働くことによって愛以外の3つの幸せは得られるのだ。

私はその愛までも得られると思う。

働く幸せ~仕事でいちばん大切なこと~:大山泰弘 [P2]

4つの幸せを見ていると、ある特徴があります。「相手から与えられるもの」「自分から相手に与えるもの」に分けることができます。

「人から与えられるもの」とは、【人に愛されること】【人にほめられること】【人から必要とされること】

「自分から人へ与えるもの」とは、【人の役に立つこと】

幸せになるために何を最初にするべきか?

それでは、幸せになるために何を最初にしなければならないのでしょうか?それは「あなたが人の役に立つこと」です。

人から与えられるものは、あなたが相手にした結果によって、与えられるものであり、何もしない相手を、愛したり、褒めたり、必要としたりすることはありません。

あなた自身のことを考えてみて下さい。何もしない相手を、愛したり、褒めたり、必要とはしないですよね。人に何かをしてもらった度合いで、愛したり、褒めたり、 その人を必要にするのだと思います。

人の役に立つということは、「困っている人がいたら手助けすること」です。とてもシンプルですね。誰かが困っていたら、一緒になって解決方法を考えていく。そして、解決に向かって行動していく。

人の困りごとを解決したら、感謝されます。そして「ありがとう」と言われると思います。この「ありがとう」と言われるようにすることが、人の役に立ち、人に必要とされる第一歩なのですね。

まずはここからスタートです!

スポンサーリンク

関連記事


同じカテゴリーの記事一覧