親知らずを抜歯した時に処方された薬は時間通りにきちんと飲むこと。痛くなってから飲むのでは遅い。


Date : 2015/01/18|Update :
Category : 健康
Tag :
スポンサーリンク

痛み止めを飲む間隔は一定にしたほうが良い

親知らずを抜歯した時に痛み止めの薬が処方されます。今回私が処方されたのは、朝昼夕に飲むフロモックス・ロキソニン。それ以外で痛みが出た時に飲むアデフロニックです。

私が薬を飲む時間は、朝8時→昼12時→夕18時です。それ以外で夜0時に痛み止めを飲みました。薬を飲むサイクルは、朝8時→(4時間)→昼12時→(6時間)→夕18時→(14時間)→朝8時となります。

朝昼夕の時間間隔は、それぞれ4時間と6時間なのですが、夕から翌日の朝の時間間隔だけ14時間と長くなってしまっています。

痛みがピークの時、薬の効く時間は大体5~6時間程度でした。となると、夕から翌日朝まで薬の効きは持続しません。

そのため私は、夕18時→(6時間)→夜0時→(8時間)→朝8時と、夕と翌朝の間に薬を飲むようにしました。なるべく、痛み止めを飲む間隔を一定にしたほうが良いと感じたからです。

痛み止めは痛みが強くなる前に飲む

痛み止めを飲むときは、痛みが強くなる前に飲みましょう。「ちょっと痛くなってきたかな?」というタイミングで飲むと良いです。というのも、薬を飲んでから効くまで1~2時間程度かかるからです。

私が、痛み止めの飲み方を失敗したと感じたのは、2015年1月16日(金)の午前0時です。

22:30 少し痛みが出てきた

00:00 痛みが強くなってきたのでアデフロニックを飲んだ

00:40 痛み止めはまだ効いていない

    我慢できないほどではないが、痛みが続いている

    痛みが気になって眠れない

01:45 痛みが治まってきた

前日の22:30ごろに痛みが出てきたのですが、我慢できない痛みではなかったので、様子を見ていました。

その後、0:00に痛みが強くなってきたのでアデフロニックを飲んだのですが、効くまで2時間程度かかり、その間眠れなくて、痛みを我慢するのがつらかったです。

夜中だし、薬も飲んでいるので、これ以上どうすることもできません。ただただ、我慢するのみです・・・^^;

私のようにならないためにも、抜歯してから3日目くらいまでは、処方された薬をきちんと決められた時間に飲みましょう。

「痛くないから飲まなくていいかな・・・」と思ってもきちんと飲んだ方が良いです。痛くないのは痛み止めが効いているからなんですね。

スポンサーリンク

関連記事


同じカテゴリーの記事一覧