親知らず抜歯から1週間。抜糸をしてきました。さらにレーザーで患部を治療しました。


Date : 2015/01/21|Update :
Category : 健康
Tag :
スポンサーリンク

親知らずを抜歯して1週間後に抜糸しました

親知らずを抜歯して1週間後に抜糸しました。今回は、抜糸とレーザー治療をしてもらいました。

まずは抜糸をします。糸を切るときにちょっとチクッとしますが、特に問題はありませんでした。抜糸した後、患部を消毒します。

レーザーを当てることで傷の治りが早くなる

抜糸した後に、ガーゼに浸した麻酔薬を患部に当てて麻酔をかけます。

治療した部分にレーザーをあてます。レーザーを当てることで、傷の治りが早くなるとのことでした。

レーザーは目に良くないので、専用のメガネをかけます。

患部にレーザーを当てていきます。レーザーを当てると「チチチチ」と音がします。レーザーを当てている時、ちょっとだけ焦げたような匂いがしました。これはレーザーを当てることで患部を焼いているのだそうです。

首筋が黄色く変色していた

あと、首筋の一部が黄色く変色していたのですが、これは親知らずを抜歯したことによる内出血が発生しているとのことでした。青アザが治る時に、黄色っぽくなるのと似たような感じです。これは時間とともに消えていくとのことです。

治療時間は30分程度でした。

まだ患部が腫れているので、さらに1週間後に状態をチェックしてもらうことになりました。

スポンサーリンク

関連記事


同じカテゴリーの記事一覧