親知らずの抜歯でダイエット失敗!?うどんなどの炭水化物の摂り過ぎが原因か?


Date : 2015/06/16|Update :
Category : 健康
Tag : ,
スポンサーリンク

親知らずの抜歯がキッカケでダイエット失敗

久しぶりのダイエット記事になります。「なぜ、久しぶりなのか?」それは、ダイエットに失敗してしまったからです・・・

昨年後半から始めたダイエット。途中までは順調だったのですが、今年初めに親知らずの抜歯を行って、それがキッカケでダイエットに失敗してしまいました。

当初は「親知らずを抜歯したら、しばらくご飯を食べる量が減るから、ダイエットになるだろう・・・」と思っていたんです。

確かに親知らずを抜歯した後は、口が開かずにご飯を食べる量が減りました。

でも、結果的には体重は増加し、リバウンドしてしまいました。

「なぜ、ダイエットに失敗してしまったんだろう?」と自分なりに原因を調べてみました。

親知らずの抜歯で口が開かず、麺類ばかり食べていた

親知らずを抜歯すると歯茎を切開します。私の場合は、親知らずが深く埋もれていたので、さらに顎の骨を一部削ることになりました。

そのため、親知らず抜歯から1週間程度は、ホッペが腫れて、口を思うように開けることができなくなりました。

口が開く大きさは指2本程度。患部の痛みもあるので、柔らかいものしか食べられません。そのため、うどんやそうめんなどの炭水化物ばかりを食べていました。肉や野菜は、ほとんど食べられませんでした。

うどんやそうめんなどの炭水化物は特に糖質が多い食品です。最近、人気のある糖質制限(炭水化物)ダイエットでは、GI値が高い食品として、摂取を控えることが推奨されています。

おそらく、これが体重増加の原因だったと推測しています。

体重が徐々に増えていきダイエットに対する意識が減退

さらに、歩いたりすると患部が痛み出すので、ほとんど動きませんでした。それが体重増加に拍車をかけました。

運動しないことでストレスも増え、「まあ、別にダイエットなんてしなくてもいいや・・・」とダイエットに対する意識が減退してしまいました。

いつしか、減っていた体重はダイエット前の体重に戻り、さらにリバウンドという悲しい結果に終わってしまったのです・・・

スポンサーリンク

関連記事


同じカテゴリーの記事一覧