楽しく仕事ができないと、どうなるのか?仕事へのモチベーション低下が一番の問題


Date : 2015/06/19|Update :
Category : 仕事術
Tag :
スポンサーリンク

同じ仕事を毎日続けていると充実感がなくなっていく

私は、地元の中小企業に勤務している、ごく一般的なサラリーマンです。入社した当初は、覚えることがたくさんあって、毎日楽しい日々を送っていました。

ところが、長く勤めるに伴い、仕事が楽しくなくなっていきました。

どんな仕事でもそうだと思うのですが、仕事は同じ作業の繰り返しです。毎日毎日、同じ仕事をすることで、達成感や充実感がなくなっていってしまったのが理由であることが分かりました。

仕事がつまらなくなり、会社に行きたくなくなることもありました。でも、会社からお金をもらっている以上、嫌でも会社には行かなければなりません。

でも、ある時思ったのです。

「どうせ仕事をするなら、イヤイヤやるより、楽しんでやった方が良いに決まっている。どうすれば、仕事を楽しくできるのか、チャレンジしてみよう!」

とは言うものの、どうすれば仕事が楽しくなるのか、全くと言って良いほど分かりません。そこで、たくさんの本を読み、良さそうなものをひとつずつ試していきました。

数えたことはありませんが、おそらく本を700冊以上は読んだと思います。もしかしたら、それ以上かもしれません。

色々と試してみましたが、上手くいかなかったことの方が多いです。それでも、コツコツと続けていきました。努力のおかげもあって、今では楽しく仕事ができています。ストレスもほとんどなくなりましたし、嫌だったころがウソのようです。

「楽しくない」がマイナスのスパイラルに・・・

「楽しく仕事ができないと、どうなってしまうのでしょうか?」

楽しく仕事ができていないということは、モチベーション(やる気)が低下していると思います。モチベーションが低下しているということは、仕事の質・スピードが低下していきます。

仕事の質・スピードが低下しているということは、徐々に成果が上がらなくなっていきます。成果が上がらないということは、会社への貢献度が低下して、結果、個人評価が低くなってしまいます。

まさに、マイナスのスパイラルです。

楽しく仕事ができない

   ↓

モチベーション(やる気)の低下

   ↓

仕事の質・スピードが低下

   ↓

成果が上がらない

   ↓

会社への貢献度が低下

   ↓

評価が低くなる

   ↓

給料・ボーナスが減る

   ↓

最悪はリストラの対象に!

一番の問題は、モチベーション(やる気)の低下

楽しく仕事ができないことによる一番の問題は、モチベーション(やる気)の低下だと思っています。

どんなに高いスキルがあっても、やる気がなければ、仕事のスピードが落ちてしまい、それが質の低下にもつながります。また、スキルアップへの意欲もなくなり、能力の向上も見込めなくなります。

会社は社員に対して、その業界で仕事をしている年数に応じたスキル、成果が求めます。それが出来ないということは、社内での評価が低くなってしまうのです。

しかしながら、当然その逆もあるわけで、仕事を楽しむことができれば、多少大変なことがあっても、やる気で何とかなってしまうこともあります。

私は、多少のスキルの低さはやる気で何とかなると感じることが多いです。仕事への意欲、やる気さえあれば、常に努力を怠らないと思うんです。その努力の結果が、スキルアップにつながっていくと感じています。

スポンサーリンク

関連記事


同じカテゴリーの記事一覧