あの人はなぜ楽しそうに仕事をしているのか?あの人とあなたの差は何か?


Date : 2015/06/21|Update :
Category : 仕事術
Tag :
スポンサーリンク

同じ仕事でも楽しくやっている人がいる

「仕事がつまらない」「仕事が嫌い」「仕事をしたくない」そう思った時は、あなたの周りを見て下さい。

「いつもニコニコしながら楽しそうに、仕事をしている人はいませんか?」

自分と同じ仕事をしているのに、

・自分は仕事が嫌で仕方がない

・あの人は仕事を楽しそうにやっている

その差は何でしょうか?

仕事を楽しくするのも自分、つまらなくするのも自分

仕事の内容自体は同じです。それは仕事を、

・楽しいものにしているのか

・つまらないものにしているのか

この2つです。

仕事にどう接するかは、あなた次第なのです。「仕事を楽しくするのも自分、つまらなくするのも自分」なのです。

どうしても見つからないのであれば、楽しそうに仕事をしている人を見て下さい。そして、どの部分に仕事の楽しさを見いだしているのかを観察してみて下さい。

そこに、あなたが仕事を楽しくするためのヒントが隠されています。

全ての仕事が嫌いなわけではない

私にも経験があるのですが、朝、どうしても会社に行きたくないということがあると思います。

それを無理して会社に行ってみると、会社に行きたくないということをすっかり忘れていて、いつも通りに仕事をやっている・・・

そんなことありませんか?

仕事の全てが嫌いな訳ではなく「仕事が楽しいと思える瞬間がある」と言うことです。

楽しいと思える瞬間が少なくても、その喜びが小さくてもかまいません。あなたが仕事をやっていて、「うれしい・楽しい」と思った瞬間を考えてみて下さい。

もし思いつかなかったら、仕事をするときに「仕事が楽しい瞬間はどんな時か?」をいつも心に留めておき、楽しいと思った瞬間に、手帳でもメモでも良いので書き出してみて下さい。

どんな時に仕事が楽しくなるのか意識しておく

普段忙しく仕事をやっていると、時間に追われて、心の余裕がないと思います。目の前の仕事を淡々と続けていく。これでは、「仕事が楽しい」瞬間を見つけることはできません。

「どんな時に仕事が楽しいと感じているのか?」を、常に意識することが必要です。

実際は、「仕事が楽しい」瞬間を経験しているのに、意識していないのでそれを感じることができないのです。

「仕事が楽しい」瞬間を感じるためには、そこに意識を向けていくことが必要なのです。

みんなつらそうに仕事をしている場合は?

職場によっては、「楽しそうに仕事をしている人がいない」ということもあると思います。その場合は、職場自体に問題があるかもしれません。

職場の雰囲気を改善するにはパワーがいります。あなたが管理職や経営者である場合は、改善していく必要があると思いますが、一般社員の場合は難しいと思います。

「どう考えても仕事がつらい」と感じている場合は、あなたの今後について転職も含めて考える時期かもしれません。

会社はあなたを守ってはくれません。「自分の身は自分で守る」姿勢が重要です。無理して会社に残る必要はないのです。

スポンサーリンク

関連記事


同じカテゴリーの記事一覧