人間関係の悩みは誰のせいなのか?あなたを困らせている、あの人は悪くない。


Date : 2015/06/22|Update :
Category : 仕事術
Tag :
スポンサーリンク

人間関係の悩みで共通していることとは?

・同僚の態度が気に入らない

・上司がいつも怒鳴ってくる

・上司や部下に無視されて孤立している

・上司が尊敬できない

・部下が言うことを聞かない

・部下が指示されないと動かない

これは、人間関係で悩んでいる方に、「どんな人間関係で悩んでいますか?」と質問した時の回答の一部です。この回答を見てみると、ある共通していることがあります。それは、相手の態度について書いてあることです。

人間関係の悩みは、問題の中心を相手にしていることが多い

人間関係で悩んでいるほとんどの人は、問題の中心を相手にしていると思います。確かにそうですよね。「相手があんな人だから、自分が人間関係で悩まなければならない。」

・同僚の態度が気に入らない

 →同僚がきちんとした態度でいてくれたら

・上司がいつも怒鳴ってくる

 →上司が怒鳴らないで優しく接してくれたら

・上司や部下に無視されて孤立している

 →上司や部下に話しかけた時にきちんと対応してくれたら

・上司が尊敬できない

 →尊敬できる上司だったら

・部下が言うことを聞かない

 →部下が言うことを聞いてくれたら

・部下が指示されないと動かない

 →部下に指示をしなくても率先して動いてくれたら

相手がこのようになってくれれば、一気に人間関係の悩みは解決です。「そんな簡単な問題じゃないでしょ。そうならないから、問題が解決しないんです!」そうですね。人間関係の悩みは、そんな簡単に解決できる問題ではありません。

とは言うものの、解決策が見いだせないまま、今のような悩みを抱えた状態では、ますます相手のことが気になって、相手に過剰な反応を示すようになり、さらに状況が悪化していきます。

今、人間関係の悩みが解決していないのであれば、新しい考え方を取り入れる必要がある

今の状態で人間関係の悩みを解決できないということは、この先も解決する見込みはありません。なぜなら、人間関係の悩みが自然に解決していくことは、よっぽどのことがない限り、ないからです。

人間関係の悩みを解決していくということは、それだけ難しいことなのです。人間関係の悩みを解決したいと考えているならば、これまでの考え方を一度リセットして、新しい考え方を取り入れていく必要があります。

その新しい考え方とは、【あなたを困らせている、あの人は悪くない】と言うことです。

「えっ!?だって原因は相手にあるんだから、相手が悪いに決まっているでしょ!」「でも、相手が悪くないということは、私が悪いの?」そう思うかもしれませんが、あなたも悪くありません。

「相手は悪くない、私も悪くない。じゃあ、誰が悪いの?」悪いのは人ではないのです。人のせいにしていたら、絶対に人間関係の悩みは解決しません。

「えっ?」「人間関係で悩んでいるのに、悪いのは人じゃないって?」「いったい、何が悪いの?」人間関係の悩みを解決するためには、人が悪いという概念を取り払わなければなりません。

スポンサーリンク

関連記事


同じカテゴリーの記事一覧