人間関係の悩み解決を妨げている障害とは?相手に人間関係の悩みを解決してもらうことはできない。


Date : 2015/06/23|Update :
Category : 仕事術
Tag :
スポンサーリンク

人間関係の悩みを解決するときに、相手を悪い人にする必要はない

人間関係で悩んでいると、問題の中心を相手にしてしまうことが多いと思います。

「どんな人間関係で悩んでいますか?」と質問した時に、あなたは、いかに相手は悪い人間であるということを無意識の間に探していませんでしたか?相手の短所を探していませんでしたか?

そしてそれは、自分は悪くないと証明しているのと同じことなのです。

実は人間関係の悩みを解決するのに、相手を悪い人にする必要はないのです。

人間関係には作用反作用の法則というものがあって、自分が相手を悪い人だと思えば思うほど、相手もあなたのことを悪い人だと思うようになります。そうなると、もっと人間関係は悪化していきます。

このように、人間関係の悩み解決を妨げている一番の障害とは、「相手が悪い」という考え方です。

相手に人間関係の悩みを解決してもらうことはできない

「なぜ、相手が悪いという考え方をしてはいけないのでしょうか?」相手が悪いと考えてしまうと、自分は悪くないという図式になります。

そうなると、「自分は悪くないのだから、相手が間違いを改めるべきだ」という思考になってしまます。その結果、自分から考えることをしなくなってしまいます。

問題の原因を相手にすることで、解決するかどうかの判断を相手にゆだねてしまうのです。人間関係の悩みを解決したいと思っているのは自分なのに、解決を相手にゆだねてしまうのです。

誰でもそうだと思うのですが、普段自分が起こしている行動を悪いとは思っていません。

私もあなたも「自分のやり方は正しくない」と思いながら行動していないと思います。「自分のやり方は正しい」と考えていると思います。

相手もあなたと同じように「自分はいつも正しい」と思って行動しています。

人間関係には作用反作用の法則がある

もっと厄介なのは、人間関係には作用反作用の法則があるということです。あなたが感じている同じことを、相手も感じているということです。

つまり、あなたが相手のことを良く思っていないのと同時に、相手もあなたのことを良く思っていません。だから、あなたから「○○の部分が悪いから直して」と言われても、素直に指摘を受け入れるはずがありません。

尊敬している人から指摘されるのならまだしも、良く思っていない人から自分の欠点を指摘されたらどうでしょうか?「何なんだ・・・あいつ。偉そうに。」

あなたもよく思っていない人から指摘されたら、同じように思うのではないでしょうか?だから、いつまでたっても人間関係の悩みが解決しないのです。

このように、人間関係の悩みを解決するのに、相手に指摘して変化を促すことはできないのです。つまり、自分のコントロールできない相手に、問題の解決を期待してはいけないのです。

スポンサーリンク

関連記事


同じカテゴリーの記事一覧