部下は上司に対してどうやって人間関係の悩みを抱えていくのか?解決方法とは?


Date : 2015/06/26|Update :
Category : 仕事術
Tag :
スポンサーリンク

私たちはどうやって人間関係の悩みを抱えていくのか?

「人間関係の悩みがどのように深くなっていくのでしょうか?」

ここでは例として、職場の部下が上司に対して人間関係の悩みを抱えていく流れを考えてみます。

理想の状態とは?

職場の雰囲気が良く、みんなと良好なコミュニケーションがとれている。

仕事もやりがいがあり、自分の能力が発揮できて、成長を感じている。毎日、会社に行くのが楽しい。

1.人間関係の悩みに発展するキッカケが発生する

上司に話しかけても、そっけない。顔を見て話をしてくれないことがある。

「いつも忙しくしているから、仕方ないか・・・」という感じ。このような上司の振る舞いが、特に気になっているわけではない。

2.人間関係の悩みを抱えるようになる

ちょっとしたミスでも怒られるようになる。自分の言うことを聞き入れてくれない。自分が上司に対して、何か気にさわるようなことでもしたのだろうか?

3.人間関係の悩みを長く抱えることで付随する問題が顕在化

自分に対して怒ってくるのは、もしかしたら嫌われているからではないか?分からないことがあっても聞きづらい。

そのせいで、仕事が遅れがちになり、期限通りにできないこともある。ミスも多くなっているような気がする。

4.事実と推測の区別がつかなくなり、原因が分からなくなる

いつも怒られてばかりで、また何か言われるのではと、毎日ビクビクしている。会社に行くのがつらい。

人間関係の悩みが解決していく流れを考えてみる

「人間関係の悩みがどうやって解決していくのか?」

次に、職場の部下が上司に対しての悩みを解決していくまでの流れを考えてみます。

1.本当の原因を見つける

いつも怒られてばかりで、また何か言われるのではと、毎日ビクビクしている。会社に行くのがつらい。

しかし、怒られている内容を振り返ってみると、

・すぐに言い訳をしたときに怒られた

・ミスをしたときに怒られた

・仕事の期限を守らなかったときに怒られた

2.本当の原因を見つけて、解決方法を検討する

怒られても言い訳をせず、悪いことは素直に認めよう。与えられた仕事を丁寧にミスなくこなすことを心がけよう。上司に聞かれる前に、自分から仕事の状況を随時報告しよう。

3.解決に向けて行動し、問題が解決する

解決方法を実践していくことで、上司にいきなり怒られることが少なくなった。

4.問題が解決されると、付随する問題も全て解決する

上司に怒られなくなって、上司とのコミュニケーションが普通にとれるようになった。苦手意識も以前に比べてなくなってきている。

分からないことを聞けば、適切なアドバイスをもらえるようになった。仕事のミスが少なくなった。仕事の期限も遅れることがなくなった。

5.人間関係の悩みが解決され理想の状態になる

上司に評価されるようになって、仕事のやりがいを感じられるようになった。毎日会社に行くのが楽しみになった。

スポンサーリンク

関連記事


同じカテゴリーの記事一覧