古い賃貸マンション・アパートに住んでいる人は要注意!水質が悪化している可能性が高い!


Date : 2015/07/05|Update :
Category : 生活
Tag :
スポンサーリンク

住んでいる賃貸マンションやアパートの屋上にタンクがありませんか?

私は不動産会社に勤めていて、賃貸マンションやアパートの管理をしています。

3階建て以上の賃貸マンションやアパートに住んでいる方はご存知と思いますが、マンションの屋上に大きなタンクがついていると思います。

これは受水槽と言って、上水道を一時的に溜めておくためのタンクです。

なぜこのタンクがついているかと言うと、3階ぐらいの高さになると水道の圧力が低くなって、水道が出にくくなってしまうからです。

そのため、屋上のタンクに一度水を溜めて、重力を使って水を出すようにしているのです。

受水槽の清掃がされていない場合がある!

賃貸マンションに住んでいる人は要注意です。なぜなら、この受水槽が清掃されていない場合があるのです。

実はこの受水槽、10年以上一度も掃除していない物件がたくさんあるのです。

分譲マンションの場合は、管理組合等で定期的に管理費の中からお金を払って清掃していると思いますが、賃貸マンションの場合は、その物件の大家さん(所有者)が費用を負担して清掃します。

しかし、お金にケチなオーナーさんほど掃除をしていません。

私が実際、受水槽を清掃する専門の業者さんに聞いた話ですが、10年以上受水槽を掃除していなくて、中にネズミの死骸が浮いていたことがあったそうです。

その物件に住んでいた人は、ネズミの死骸がいた水を飲んでいたことになります。この話を聞いただけでも、ゾッとしますね。

また受水槽は、屋上に設置されることが多く、直射日光にさらされるため、清掃をしていないと、タンクの中に藻が発生して、最悪その藻が水道の蛇口から出てくることもあるのです。

定期的に受水槽が清掃されているか確認してみましょう

あなたがもし、受水槽のある賃貸マンションやアパートに住んでいて場合は、不動産会社にきちんと定期的に清掃しているか確認してみましょう。

清掃がなされていないのであれば、清掃してもらうようにお願いしてみましょう。

しかし・・・

受水槽が定期的に清掃されてきれいだったとしても、安心できないのです。

水道管の劣化により水質が悪化する場合もある

賃貸マンション・アパートの場合は、一戸建ての住宅に比べて水道の配管がとても長くなります。そのため、水道管の劣化により水質が悪化することもあります。

特に古い賃貸マンション・アパートの場合は、水道管の内部が腐食して錆びている場合があります。そうなってしまうと、水道管を取り替えるしかなくなります。

しかしそのような作業は、数百万円単位で費用がかかるので、物件のオーナーはやりたがりません。

自分の身は自分で守る姿勢が必要

受水槽や水道管の清掃は、物件の大家さんが「やらない!」と言えば、清掃されないでそのままの状態になります。

もしその状態がどうしても嫌な場合は、引越しするしかありません。

あるいは、浄水器をつけたり、飲み水だけはウォーターサーバーを使うなどの自衛策が必要になります。

「自分の身は自分で守る!」このような姿勢が大切です。

自分のコントロールできないことに時間を費やさない

最近特に思うのですが、日本は将来的に人口が減少し、景気も停滞、国民が負担する税金も徐々に上がっていく状況が続くと思います。

消費税は現在は8%で、数年後には10%になります。これは今の状況を見ていると仕方のないことだと思います。

消費税10%のことに対して「けしからん!」と声を上げることも必要だと思います。

しかしながら、私たちが声を上げたとしてもどうしようもない状況に来ていると思います。

ここは考え方を変えて、「この状況下でも家族が幸せに暮らすために、自分はどんな行動をしなければならないのか?」と言うことに全力を尽くした方が良いと思うのです。

つまり、「自分のコントロールできないことに時間を費やさない」ことです。

これを水のことに置き換えてみると、例えば「受水槽の清掃を要求しても物件のオーナーが対応してくれない」と言うことを対して文句を言うのではなく、「自分や家族が安心安全に暮らせるようにするために、自分はどう行動していけば効率が良いのか?」ということを考えていくべきだと思います。

ひとつの例になりますが、食器を洗ったりする水道には安価な浄水器をつけて、飲み水だけはウォーターサーバーを使って、きれいな水を摂取するように心掛けるのも一つの方法だと思います。

特に小さい子供や赤ちゃんがいる家庭は水質には注意が必要です。この方が簡単かつ効率的に、大切な家族を守れる方法だと思いませんか?

スポンサーリンク

関連記事


同じカテゴリーの記事一覧