会社に依存しすぎない。今働いている会社がすべてではない。


Date : 2015/07/12|Update :
Category : 働き方
Tag :
スポンサーリンク

自分の全てを会社に捧げ、会社の言いなりになって良いのか?

人材不足、長時間労働、正規・非正規の雇用形態など、日本の雇用に関する状況は厳しくなってきています。日本の人口が右肩下がりの中、この厳しい状況は今後も続いていきます。

一部大手企業では、就業時間の短縮などの労務環境の改善が行われています。

しかしながら、すべての企業がそうではありません。

国も長時間残業などの過重な労働を強いている企業に対して厳しく対処していますが、依然として従業員に厳しい労働を課しているところも少なくありません。

もし、あなたがそのような企業に勤めていたとしたら?

自分の全てを会社に捧げ、会社の言いなりになって良いのでしょうか?

今、働いている会社がすべてではない

会社は従業員を選ぶことができます。私たち従業員も会社を選ぶことができます。

私が何を言いたいのかと言うと、「今働いてる会社が全てではない」ということです。これを認識しておいて欲しいのです。

なぜ、そのようなことを言うのか?

それは、何の疑問を持たず、会社の言いなりになってしまったために、体調を壊したり、精神的に追い込まれたり、最悪の場合、自ら命を絶ってしまう事もあるのです。

精神的に追い込まれていくと、「今の会社が人生のすべて」みたいな錯覚に陥ってしまうのです。

いつも仕事のことが頭から離れず、休日も休んだ気がしない。これでは、「何のために生きているのか・・・」その意味さえも分からなくなってしまいます。

会社はあなたを守ってくれない

そうならないために何をすべきか?

それは、自らが精神的に追い込まれていく前に、転職先を探すのもひとつの方法です。

転職先を探す効果としては「今の会社がすべて」という意識を、「他にも会社がある」と外に意識を向けられることです。

今、自分が持っているスキルと照らしあわせて、「どんな仕事ができるのか?」を知ることは、自分の幅を広げてくれます。

会社は私たちを守ってはくれません。特に過重な労働を従業員に強いている企業は特に顕著です。

「辞めたら、また新しい従業員を採ればいい」そんな程度にしか感じていません。彼らは従業員を使い捨てることに何の悪気も持っていません。

そのような会社に捕まらないためにも、私たちは自衛していかなければならないのです。

すぐに転職できるかは分かりませんが、しかるべきチャンスは必ずやってきます。

その時のために、どこの会社でも働けるようなスキルを身につけていくことが大切です。さらに、与えられた環境の中で、いかに自分らしく仕事ができるかという知識を身につけることも必要です。

スポンサーリンク

関連記事


同じカテゴリーの記事一覧