あなたにとって一番大切なものは何ですか?困難に陥って選択を迫られたときの判断基準を持つ


Date : 2015/07/16|Update :
Category : 仕事術
Tag :
スポンサーリンク

自分自身の判断基準を持つ

「あなたにとって一番大切なものは何ですか?」この問いは、私たちにとって永遠のテーマのような気がします。

あなたはこの問いに、すぐ答えることができるでしょうか?

この問いに答えることができないと、何かの困難に陥って選択を迫られたときに、迷いや不安を感じてしまうことがあります。最悪は、判断に迷ってしまい、不安が増大して精神的な病気になってしまう可能性もあります。

逆に、この問いにすぐ答えられることができれば、何か重大な局面になったときにすぐ判断することができ、迷いや不安も軽減されます。

私にとって大切なものは家族

私にとって一番大切なものは「家族」です。家族の幸せを一番の優先順位にしています。どんな小さなことでも家族が望んでいることは全て叶えてあげたいと思っています。

先日も「お米を精米したいから連れてって」と言われ、車で一緒にお米を精米してきました。このようなことは、本当に小さいことですよね。

「お米の精米なんて、そんなちっぽけなこと・・・」と思われるかもしれませんが、これも家族の願いなのです。

こういう小さいことをおろそかにすると、それが積み重なって、家族の崩壊にもつながっていくのです。

私は、以前なら「面倒だから嫌だ!」と言って、行かなかったと思います。でも、家族の幸せを大切にすると心に誓ってからは、こういうこともなくなりました。

よく究極の選択で「家族と仕事・・・どっちを取る?」ってあると思います。家族と仕事・・・どちらを取るのかと言えば、私は迷わず家族を取ります。

これは、それぞれの価値観によって異なりますので、これはあくまでも私の価値観に基づいています。

家族をとっても良いし、仕事をとっても良いと思います。

大切なのは、自分なりの判断基準を持つということです。

不安や悩みは選択できないことで発生する

「こちらを選んで失敗したらどうしよう・・・」

不安や悩みの根源は「選択できないこと」にあります。何かの選択に迫られた時、どれかひとつに選ぶことができないので、その迷いが不安や悩みに発展してしまうのです。

私がここで言いたいことは「自分が一番大切にしたいもの」を明確にしておけば、何らかの窮地に陥って、選択に迫られたときに迷わないで選ぶことができるということです。

「あなたにとって一番大切なものは何ですか?」

すぐに見つけられると言うものではないですが、じっくりと自分自身で考えてあなたの大切なものを見つけて下さい。

スポンサーリンク

関連記事


同じカテゴリーの記事一覧