胃カメラ検査は静脈麻酔でやってもらったほうがラク。眠っている間に検査終了!


Date : 2015/08/02|Update :
Category : 健康
Tag :
スポンサーリンク

定期健康診断で再検査に

毎年、会社の健康診断を受けているのですが、3年前にバリウム検査で再検査になったのですね。

そこで、市内の個人病院で胃カメラを受けることになりました。検査結果は良性ポリープでピロリ菌検査も陰性でした。

先生の話では「このタイプのポリープは悪性にならなくて、幸せポリープって言うんだよ」と言われたのが、とても印象に残っています。

「ポリープなのに幸せって???」とツッコミを入れたくなりましたが、悪性にならないのであれば、とりあえずは安心です。

「定期的に胃カメラ検査受けたほうがいいですか?」と先生に聞いてみたのですが、「まあ3年くらいに一度やっておけばいいかな・・・」と言われた今年がその3年目にあたります。

胃カメラ検査は局部麻酔と静脈麻酔の2種類がある

私は過去に2回、胃カメラ検査を受けたことがあります。

1回目は、鼻と喉に局部麻酔をして、内視鏡を鼻から入れて検査しました。2回目は静脈麻酔で、眠っている間に口から内視鏡を入れて検査しました。

1回目の局部麻酔で鼻から内視鏡を入れた時は、内視鏡を入れるときに喉のあたりで違和感がありましたが、我慢できないという感じではありませんでした。

2回目の静脈麻酔で口から内視鏡を入れた時は、麻酔で眠っていたので、痛いとか苦しいということは全くありませんでした。

静脈麻酔のほうが楽です。内視鏡を入れる前に、「麻酔の注射しますね」と言われて注射した後、数分で意識がなくなり、目が覚めた時には検査は終わっていました。

今年も静脈麻酔で胃カメラ検査を受ける予定です。

静脈麻酔の胃カメラ検査実施は病院による

静脈麻酔の胃カメラ検査は病院によって実施している所と、実施していない所があります。

そのため、あらかじめ検査を受ける病院に問い合わせてみる必要があります。

胃カメラ検査の内視鏡は鼻と口のどちらが楽なのか?

1回目の局部麻酔で鼻から内視鏡を入れた病院で先生に「内視鏡を鼻から入れるのと、口から入れるのは、どちらが楽ですか?」と聞いたことがあるのです。

先生は「人によって違いますね。鼻がラクという人もいるし、口がラクという人もいます」とお話されていました。

どちらがラクかは、やってみないと分からないというのが実情のようです。

ただ、鼻からの内視鏡が最近になって登場したということは、こちらのほうが一般的に負担が少ないのかな・・・と思います。

スポンサーリンク

関連記事


同じカテゴリーの記事一覧