大腸内視鏡検査の流れ。検査前の処理について。注意すべきこと。


Date : 2015/09/15|Update :
Category : 健康
Tag :
スポンサーリンク

40歳を過ぎたら大腸内視鏡検査を受けたほうが良い

先日の胃カメラに続いて、大腸内視鏡検査を受診することになりました。

【以前書いた記事】

胃カメラ検査(上部内視鏡検査)を受けてきました。ポリープがありましたが良性でした。胃カメラ検査を受けるときの注意事項。

大腸内視鏡検査をするキッカケは、便潜血検査(検便)で陽性になったのではなく、年齢も40歳を過ぎて、病院の看護師さんから「そろそろ1回検査したほうが良いですよ」とアドバイスをいただいたからです。

あと、会社から検査費用の補助が出るということも、検査する後押しになりました。

大腸がんは早期発見で完治できる

大腸がんは早期発見(ステージ0)ならば、完治できると言われています。

と言うのも、昨年母に早期の大腸がんが見つかり、今回検査を受診する病院で約2cmのポリープを切除してもらいました。現在も定期的に検査を受けています。

切除した箇所にポリープが発生しやすいこともあり、大腸がんを切除した後は、3~6ヶ月毎に検査をしています。

検査の度に、小さいポリープが見つかっていますが、がん化されていない良性ポリープです。

病院の先生からも「大腸がんが見つかったけど、早期だったし、定期的に検査しておけば、大丈夫だよ!」と言われています。

予約時に検査食と薬、下剤をもらいました

大腸内視鏡検査の予約を入れた時に、検査食と薬、下剤をもらいました。検査食と薬、下剤の合計金額は1,300円でした。

IMG_7715

検査食です。検査の前日に食べます。3食あります。

IMG_7736

検査食のメーカーはなんと!グリコ。グリコって、こういう食品も取り扱っているのですね。

IMG_7719

検査食はパウチに入っていて、温めて食べます。

IMG_7739

後は、検査前日(プルゼニド )と検査当日(ガスモチン )に飲む薬です。

大腸内の細菌の作用で腸のぜん動運動を亢進させる物質になり、大腸粘膜を刺激して腸の動きを促進し、排便を促します。通常、便秘症の治療に用いられます。

プルゼニド錠(allabout)

消化管のセロトニン受容体を刺激し、アセチルコリン遊離を増大することによって、上部(胃・十二指腸)および下部(大腸)消化管の運動をよくし、機能を改善します。通常、慢性胃炎に伴う胸やけ、吐き気・嘔吐の治療に用いられ、またバリウム注腸X線造影検査の前処置に経口腸管洗浄剤と一緒に用います。

ガスモチン錠(allabout)

IMG_7742

最後に、下剤。水に溶かして飲みます。

検査前に注意すること

検査前に注意することは病院によって異なります。今回紹介するのは、私が受診する病院での注意事項です。

今回受診する病院は少し細かい感じがします。

と言うのも、数年前に市内の総合病院で大腸内視鏡検査を受けたことがあるのですが、その時は検査食も食事制限もなく、検査当日に薬と下剤を飲むだけでした。

※注意事項は大腸内視鏡検査を受診する病院の指示に従って下さい。

検査2日前

朝から野菜類、海藻類、繊維の多い食事、納豆、きのこ、ごま、果物は食べないようにします。

検査前日

病院からもらった検査食を食べます(朝・昼・夜)検査食で足りない場合は、白米、おかゆ、素うどん、カステラ、豆腐は食べても大丈夫です。

IMG_7751

朝食です。鶏と卵の雑炊。

IMG_7753

昼食です。スープカレーとかゆごはん。

IMG_7757

夕食です。大根とじゃがいもの鶏そぼろあんかけとかゆごはん。

検査食の味はまあまあです。ただ、量が少ないですね・・・

夕食後(8時以降)から検査が終わるまでは絶食です。

水分は一日を通して普段より多めに飲みます。水、お茶、スポーツドリンクなど透明な飲み物は大丈夫です。アルコール、乳製品、コーヒー、炭酸飲料は飲んではいけません。

午後9時に、大腸検査前処理用下剤プルゼニド2錠を約200ml以上の水で飲みます。

検査当日

検査が終わるまでは食事はとれません。のどが渇いた場合は、水、お茶、スポーツドリンクは飲んでも大丈夫です。

検査の約4時間前にガスモチン2錠を飲みます。ガスモチンを服用した約1時間後に下剤(マグコロール)を約1時間かけて飲みます。

下剤の準備をします。マグコロール1袋を1800mlの水で溶かします。

IMG_7758

下剤です。

IMG_7760

まず、500mlの水を入れます。

IMG_7761

容器のふたを閉めてから、よく振って中に入っている粉を溶かします。

IMG_7763

粉が溶けたら、1800mlの目盛りまで水を入れて完成です。下剤を約1時間かけて飲みます。

下剤の味はスポーツドリンクと似ています。飲みにくさはないです。

下剤を服用した後は、排便を促すため、適度に体を動かします。15~20分間隔でトイレに行って十分に排便します。便の色が、にごりのない薄黄色になったら腸の中はきれいになっています。

これで検査前の処理は完了です。

スポンサーリンク

関連記事


同じカテゴリーの記事一覧