大腸内視鏡検査でポリープを切除した時の注意事項。2週間は飲酒厳禁!繊維質の食事もダメ!運動もダメ!


Date : 2015/09/22|Update :
Category : 健康
Tag :
スポンサーリンク

ポリープ切除部分にクリップを付けた

先日の大腸内視鏡検査で4mmのポリープが1つあり、切除してもらいました。

【以前書いた記事】

大腸内視鏡検査の流れ。検査前の処理について。注意すべきこと。

大腸内視鏡検査を受診しました。上行結腸に4mm程度のポリープが見つかり切除しました。

ポリープを切除した箇所に止血用のクリップをつけます。このクリップは2~3週間程度で自然に外れて、便と一緒に排出されます。

しかし、傷口が塞がる前に取れてしまうと出血してしまうので、傷口が塞がるまでは食事と日常生活での制限があります。

これらの制限期間は、ポリープ切除後から2週間です。

※私が受診した病院での内容です。詳しくは受診する病院に確認して下さい。

ポリープ切除後の食事について

一番大切なのが食事です。先にもお話しましたが、切除箇所に止血用クリップがついているので、クリップが取れないように消化の良い食事をする必要があります。

野菜や繊維の入った食事は控えます。

ポリープ切除後の生活について

血行が良くなると出血しやすくなります。激しい運動、犬などの散歩、重い荷物を持ったりしてはいけません。

また、自転車やバイクにも乗ってはいけません。理由は、自転車やバイクの振動で出血してしまったりすることがあるためです。

お風呂は長時間湯船に入ってはいけません。2~3分程度つかるのは大丈夫です。

スポンサーリンク

関連記事


同じカテゴリーの記事一覧