「情報が集まる人」と「情報が集まらない人」との差

Date :
Category : つぶやき

多様性を認められるか?

私は仕事で、日々たくさんの方たちとお話をします。性格や物事の考え方も人それぞれです。

そんな中で、「情報が集まる人」と「情報が集まらない人」との差があります。

それは、「多様性を認めるか否か」です。

仕事柄、資産家とお話する機会が多いのですが、ご自身で確固たる考えを持っている方が比較的多いです。

ご自身のお考えを持っていることは、とても良いことなのですが、プライドが高い方も多く、自分の考えと違う考えを、受け入れられない方も少なからずいらっしゃいます。

そのような方にお話しても、「そうは言ってもなぁ・・・」となり、そこで話が終ってしまいます。

私は、今よりも良くなるように色々とお話しているのですが、受け入れてもらえません。

そうなると、「この人に、何を言っても多分受け入れてくれないだろう・・・」となり、以降は新しい情報を話さなくなります。

そういう考え方もあるよね

一方、多様性を認められる人は、「そういう考え方もあるよね」と受け止めてくれます。

そして、「今度、その方法でやってみようか!」と言ってくれます。そうなると、「別にも、こんな新しい情報があるのですが・・・」となり、その人にはたくさんの情報が集まります。

「そういう考え方もあるよね」と言うことは、今まで自分の中にはなかった考え方です。それを受け入れることは、今の自分を否定することにも、つながっていく場合もあります。

しかし、ここを乗り越えていくと、たくさんの情報が集まり、ドンドン自分の知識の領域が増えていきます。

同じカテゴリーの記事一覧