自分の頭の中にあるものを言語化するのは難しい。継続的なトレーニングが必要。

公開日 : 2020/03/02 | 最終更新日 :
カテゴリ : 副業
タグ :

働き方改革で給料が減少している

昨今の働き方改革によって、長時間労働の廃止、残業の禁止が広まってきています。そのため、給料が減少している人も多くいます。

さらに税金など、給料から控除される額が増えていて、手取り収入が年々減ってきているのが現状です。

そして追い打ちをかける消費税増税。無策だと、生活レベルを下げざるを得ません。

副業で減った分の収入を補填する

企業も副業を認める動きが増えています。企業が副業解禁している裏側を考えてみると、「下がった分の給料は自分で稼いでくださいね」と言っているようなものです。

知り合いの方は、減った分の収入を深夜早朝のアルバイトで補填しています。

別の方法としては、ネットが普及してきているので、不用品をフリマアプリで売却したり、自分のスキルを販売したりする方法もあります。

ネットで物やサービスを販売するとなった時に必要なものは「言葉」です。不用品をフリマアプリで販売するにしても、販売ページの文面で売上が変わります。

音声入力でのコンテンツ制作に挑戦中

ネットで自分のスキルを販売する場合は、自分が何者であるかを伝えなければなりません。

伝える方法は、文字や音声、映像になります。それには、自分の頭の中にあるものを言語化していく必要があります。

以前であれば、キーボードで文字を打つというのが一般的でしたが、最近は音声入力でコンテンツを制作していく人も増えてきています。

キーボードで入力する時は、思いついたキーワードを入力して、それに文章を追加していく感じですが、音声ではそれができません。

私も最近音声入力でのコンテンツ制作に挑戦していますが、結構難しいです。音声入力も完全ではないので、改めて内容を確認し、加筆修正しています。

音声入力に慣れるためには、継続的なトレーニングが必要であると感じています。
 


関連記事

関連する記事は見当たりません…