リーダーに必要なものは権力ではない。権力を使わず、部下に動いてもらう方法。

公開日 :
カテゴリ : 仕事・働き方
タグ :

リーダーは部下に不安や不満を抱かせないようにする

私は、リーダーに権力は必要ないと思っています。私が考えるリーダーとは、肩書きや権力に頼らなくても、協力してくれる人がたくさん現れることです。

リーダーの仕事は、会社から与えられた仕事を部下にやってもらい、チームとして成果を上げることです。

部下に動いてもらうには、「仕事の背景、内容、その仕事を完了してチームの目標を達成したらどうなるのか?」をきちんと部下に説明して、納得してもらうことが必要です。

何事でもそうですが、先が見通せないこと、意味の分からないことに対して、人は不安や不満を抱えるようになります。

リーダーは、部下に不安や不満を抱かせないことが大切です。不安や不満を抱えたままでは、質の良い仕事をしてもらうことはできません。

部下が動かないのは、自分の仕事に納得していないから

リーダーがなぜ権力を使うのかというと、部下が動かないことが要因として挙げられます。

「何で自分はこんな仕事をしなければならないのか!」そう思わせてしまうと、部下は動きません。部下が動かないとリーダーは困るので、「リーダー」という権力を使って、強制的に部下を動かすのです。

動きたくない人を強制的に動かすわけですから、動かされる部下は面白くないし、自分の能力を最大限使って動くことはしないと思います。

しかしながら、きちんと仕事の意義を理解して納得してもらうことができれば、部下は自ら進んで仕事をしていきます。

部下に仕事の意義を説明し納得してもらう

「社長が言っているのだから、言うとおりにやれ!」ワンマン社長がいる会社では、こういうことが日常茶飯事で起こります。

先程も延べましたが、理由を説明せず、指示をするだけでは部下は納得しません。

リーダーが、社長の指示に納得していないこともあります。リーダーが納得できないことを部下にやらせることは難しいと思います。部下はもっと納得がいかないでしょう。

リーダーが社長の指示が納得できないと感じていても、社長には仕事の指示を出した理由、背景が必ずあります。

それを社長にヒヤリングするか、リーダー自らその仕事の意義を考え抜いて、きちんと部下に伝えていきます。大変かもしれませんが、それができなければ権力を使うしかありません。

権力を使えば、言われた仕事はやるかもしれませんが、部下の能力を最大限発揮させることはできません。

部下に仕事の意義を理解し納得してもらえれば、リーダーに権力は必要ありません。

リーダーが権力を使わなくても、部下が自らチームの目標を達成させるために動く。このようになれば、リーダーは無駄なところに労力を使う必要がなくなり、リーダーのやるべき仕事に集中することができます。
 


関連記事