リーダーから部下に歩み寄ることが、部下のホウレンソウを増やす第一歩

公開日 :
カテゴリ : 仕事・働き方
タグ :

仕事を円滑に進めるには密な報連相が必要

仕事を円滑に進めるためには報連相(ホウレンソウ)が大切と言われています。報連相とは、報告・連絡・相談のこと。

「部下が仕事の進捗状況を報告してくれなくて困っている」と感じているリーダーは多いと思います。

リーダーが部下に歩み寄る姿勢が必要

部下の報連相の量は、部下に対するコミュニケーションの量に比例します。部下の報連相が少ないのは、部下に対するコミュニケーションが少ないからです。

もしあなたが部下だったとして、リーダーがあなたに何も話しかけてこないとしたら、どうでしょうか?

あなたは積極的にリーダーに話しかけるでしょうか?おそらく話しかけないと思います。

部下の報連相が少ないと感じているならば、部下に対して積極的にコミュニケーションを取ってみましょう。

「部下がリーダーに対して報告してくるべき」と考える人もいるかもしれませんが、その考え方が、報告をされにくい状況を作っているかもしれません。

現状で部下が報告をしてこなくて困っているならば、その考えを改めるべきです。

具体的には、部下がリーダーに歩み寄ってくるのを待つのではなく、リーダーが部下に歩み寄っていきます。

コミュニケーションが円滑に行われるようになれば、自然と部下の報連相は良好になってきます。
 


関連記事