新しい仕事を部下に教える時に気をつけること。「自分が教えた」ということと、「相手が理解したかどうか」は別である。

公開日 :
カテゴリ : 仕事・働き方
タグ :

「自分が教えた」ということと、「相手が理解したかどうか」は別

上司であれば、新しい仕事を部下に教える場面がたくさんあると思います。

「何度教えても理解できなくて、同じミスを何度もしてしまう」という経験は、人に教えた経験がある人なら、誰でも持っていると思います。

そして、結果・・・「あいつはモノ覚えが悪い」となるわけです。でもちょっと待ってほしいのです。

あなたはその人にきちんと教えているでしょうか?

「自分が教えた」ということと、「相手が理解したかどうか」は別なのです。

つまり、自分が教えることにフォーカスするのではなくて、部下がきちんと理解しているかにフォーカスしていくのです。

部下が理解していないということは、上司の教え方が悪いのです。

部下がきちんと理解しているかどうかを確認しながら、教えていきます。部下がきちんと理解しているかどうかは、部下の顔を見れば分かります。


関連記事